アメリカドライブの極意

ニューヨークから、ボストン。ボストンからフィラデルフィア。フィラデルフィアからワシントンDCに移動してから、ついにフロリダまでやってきました!

ドライブコースはこちら


I-95というハイウェイを通ってきたのですが、アメリカを走った中で一番走りやすかった道でした。二車線で、車も少なくて。しかも無料の高速道路です。あと、下の写真の通り、左右に木が生えているので運転に集中しやすいです。

I95

 

ですが、ERIKAというどこかのお騒がせ女優と同じ名前の台風が停滞しているためせっかくフロリダに来たのにしばらく雨の予報です(涙)

雨の高速道路

 

 

さて、今日は日本と違うアメリカの道路事情について書きたいと思います。

 

アメリカの高速道路

日本の高速道路はあの激混みの首都高でさえ、800円(だったっけかな?)もしますが、アメリカの高速道路はほとんどの地域が無料です!上の地図でいうと、アメリカ合衆国と書かれているデンバーあたりから、東側は比較的有料道路(Toll Road)が多いです。シカゴ周辺、ニューヨーク周辺も有料道路が多いですが、日本と比較しても全然安い価格です。日本のETCみたいなのがE-Z Passって呼ばれるものだと思うのですが、そっちのほうがCashレーンよりも混んでいることがあるんですよね。不思議だ。

あと、面白いのが高速道路の高速道路があります。ファストパスみたいな、1~2ドルで高速の中に専用の道路があったりします。このあたりが資本主義国の面白さですよね。

 

アメリカの道路

州によって整備されているのか知りませんが、道に穴が開いてたり、補修を繰り返した結果、デコボコ道になっている道路がフツーです。ビックリしないでください。日本の道路は甘やかされ過ぎてますね。マセラティなんて絶対道路走れませんよ、下をガンガン擦ってしまいます。そのせいかどうかはわかりませんが、パンクしたタイヤの残骸が沢山見かけます。1万キロ走ってきた中で、目の前でパンクした瞬間を3、4回見ました。そのままわきの路側帯に車が突っ込んでいくのですが、みんな慣れているのか渋滞にならないんですよね。日本だったらゴミが全部なくなるまで通行止めにしちゃうと思うんですがね。

 

アメリカの車

本当に日本車ばかりです。感覚的には半分くらい日本車じゃないかな?これじゃドナルド・トランプも日本を叩きたくなるよな。多いのがトヨタ・レクサス・日産・ホンダ。たまにマツダやスバルも見られます。日本じゃ全く売れなかったヒュンダイもアメリカじゃ多少走ってます。ヨーロッパ車はあまりみないな。ベンツとかもあまりみない。オレゴンとか田舎に行くほどピックアップトラックが多くて、トヨタ・タンドラとクライスラー・RAMがほとんどです。後はキャンピングカーやトランスフォーマーに出てくるようなモンスタートラック系が走っています。もちろん、右ハンドルの車ランドクルーザープラドも全米で一台しか走ってないので、どこでも注目されます。

 

アメリカのガソリンスタンド

前にもちょっと書いたと思いますが、日本のレギュラーとハイオクの二種類に加え、プラスという真ん中のオクタン価のものがあります。大体、

87 レギュラー

89 プラス/スーパー

91 プレミアム

なんて書かれていて、レギュラーガソリン仕様のランドクルーザープラドは、当初オクタン価の高いプラスを入れていたのですが、今では価格の安いレギュラーにしています。

現在、原油が安くなっているので1ガロン(約3.8リットル)あたり、2ドル前後、2ドル切っているところもあります。日本だとリッター140円くらい?かな。ちょうど半分くらいの値段です。ちなみにディーゼル(軽油)を販売しているスタンドはあまりなくて、日本と違いディーゼル(軽油)の方がガソリンよりも値段が高いです。

支払いはクレジットカードが主ですが、基本的に日本で発行されたカードはガソリンスタンドの機械が読んでくれません。ですから、売店まで行ってポンプナンバーとどれくらい入れるか伝えます。ここでちょっとだけ英会話♫

 

Pump number 1, 40 (dollars) please. (ポンプナンバー1に40ドルお願いします)

 

で通じます。Could I get~とか必要ありません。

後は車に戻って、ノズルを給油口に差し込んでレギュラー(87)のボタンを押してメーターがゼロになったのを確認したら、引き金を引くだけです。

※たまにノズルを受ける台を上に押し上げてから給油するところもあります!私も二度ほどお目にかかり、やり方がわからずに店員さんを呼んだことがありました!

 

アメリカの交通ルール

右側通行

右折は赤でもOKNO RIGHT TURN ON RED って書いてある場合は青になるまでダメです)

踏切は一時停止しない

YIELD (譲れという意味)

 

この四つで大丈夫かと。あとはクルマ運転できる人で高速道路を130キロで飛ばせる人ならOK

以上、簡単でしたがアメリカドライブの極意でした!ぜひ、皆さんもアメリカを走りましょう!

 

>>>走行日誌<<<

リッチモンド→フローレンスの走行距離:461.5km

フローレンス→ジャクソンビルの走行距離:504.5km

トータル走行距離:11141.5km

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。