メキシコ国境の町、ラレドにやってきた!

キン肉マンの永遠のライバルテリーマンをご存知でしょうか?(古い?)

テリーマンの額には「米」(アメリカの意味)マークもありますし、肩にはテキサス旗にも入っている星のマークが入ってます。そんなテリーマンのモデルになったレスラーが「テキサスの荒馬」の異名を持つテリー・ファンクです。子供の頃、よくプロレス見ていて、テキサスと言えば、テリー・ドリー兄弟という認識をしていました。

テキサス旗

隊長にとってはそんなテキサスのイメージですが、ここ国境の町、ラレドは既にメキシコ領な雰囲気です。というかメキシコそのものなのではないかな?

 

まずは、ガソリンスタンドでの出来事。

いつものように外の機械ではカードが読み込まないために売店に入ると、中ではスペイン語が飛び交っているではないですか。順番待ちをして、自分の番が来たので店員のおじちゃんに話しかけると、ポンプナンバーはわかってくれたものの、35ドル分のガソリンの、

「サーティーファイブ」

という簡単な英語が何度言い直しても通じず、最終的におじちゃんは自分の掌にボールペンで「35」って書いて

これであっているかの意味?の

「シー、シー」

と言って最後は無事にガソリンを入れることが出来ました(笑)

 

その後、日本の「オートバックス」にあたる車用品店、

Autozone

に行くと、これまたスパニッシュが飛び交っていて、「またかっ?」と思いながらしばらくウロウロしていると、店員のオジサンが話しかけてきたので、虫よけの道具を探していると英語で答えたら、

「英語しゃべれる奴呼んでくるよ、ちょっと待ってなさい」

と言ったかどうかはわかりませんが、しばらくすると奥からお年を召した方が来て、また聞き取りにくい英語で話してくれましたが、結局プラド用のはないからディーラー行ってきなと言われておしまい。

やっぱり、メキシコ入ったらスペイン語習わないとです。。。

テキサスとプラド

いよいよ、明日は国境越え!無事に通過できるでしょうか?乞うご期待!

 

本日のドライブコース


メキシコ国境近くは道路を直したばかりか、凄くきれいでした!

 

走行日誌

サンアントニオ→ラレド:270km

トータル走行距離:15660km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。