コーヒーの産地!コバンにやってきた!

我々探検隊は、フロレスで泊まったホテル、
キンタ マヤ ホテルのマネージャーに勧められた、

グアテマラ第三の都市、コバンにやってきました!

その前に、本来は違う道を通り、違う場所に行くはずだったのですが、そのマネージャーが

 

その道、新しいからさ~

 

と言ったかどうかはChika隊員情報なのでわかりませんが、

結果なかなかアドベンチャラスな道でした!

何がアドベンチャラスかというと、

 

道が途中で無くなりました(笑)

 

主要道路をナビ通りに進むと、クルマが横付けしてあり、道をふさいでいました。

その奥を見ても、道路らしき道路がありません!どうやってすすむか、まずは違う道を行ったのですが、それだと目的地に着かないのでUターンして戻ったら、すぐ脇にガタガタ道が作られていました(笑)

まぁ、そんなわけでその砂利道が主要道路につながったのですが、

 

その後、いつも通りの検問に捕まり、

 

「右ハンドルは、グアテマラでは違法だ!」

 

とかなんとか言われましたが、一時輸入の登録されてるもんねー。

まぁ、警官の小遣い欲しさの脅しかもしれませんが。

 

検問後、しばらく進むと、今度は

 

なんと、川が流れていて道路がない!

 

ではないですかっ!

道路をふさぐ川

そこには、フェリーとは名ばかりのフラットな板の船?があり、人やバイクや車が所狭しと乗っかっていました!

 

しかも、探検隊のプラドが一番最後で、無理やりスペースを作って乗せてもらいました。ちなみにこのフェリー?代は15ケツァル(日本円で約240円)でした。橋作ればいいのにねー。

 

その後は、二宮金次郎ばりに少年が薪を背負っていたり、少女がツボを頭に乗せて運んでいたり、当たり前に川で洗濯していたりする女性がいて、昔話やテレビでしか見たことがない光景を目の当たりにしました。そういえば、ベリーズでは馬で通学している子供もいたし、中米の子供たちはみんな凄いです!

町の様子

コバンに到着して、レストランに向かうがてら町を散策しましたが、普通に中古の汚い靴が売られていたり、中古品の消費が当たり前のようです。クルマも綺麗なクルマなんて殆どなくて、タクシーさえもハザードが割れてたりしていました。

モノにあふれて育った、東京都出身の小林探検隊の二人は、今更ながら色々とカルチャーショックを受けてます。

あ、肝心のコーヒーですが、ホテルで出してもらいましたが、

違いがわからない小林探検隊は、普通に美味しかったとしか言えませんw

※その後、コーヒーショップで聞いてみたのですが、一流品の豆は日本とスターバックスが買い占めていて、ここでは美味しいコーヒーは飲めないそうな。なんということでしょう。

明日からは世界遺産の古都、アンティグアに三連泊します!

Life is beautiful !!!!

 

本日のドライブコース


後で書きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。