6か国目、デンジャラス!ホンジュラスへやってきた!

あれは、昨日の朝の出来事でした。

前日にエルサルバドル国境近くのホテルを予約し、エルサルバドル国境に向けて出発しようと準備しているときでした。

 

Chika隊員:

「隊長ーーーーーーー!!!!、今更なのですが、エルサルバドルが右ハンドル車、通称RHDの輸入が禁止になっていると英語のサイトに書かれています!」

 

Masa隊長:

「なにーーーーーー!!それは大変だ!ちょっとFBのオーバーボーダーグループで調べてみよう!」

 

と、グループの管理人にPMで聞いたところ、

 

管理人:

「あそこは右ハンドル入れないんだ。もし行きたければ、知り合いに手紙を書いて通してもらえるようにするけど、数日かかるよ」

 

と、さすが管理人!すぐに返事がきました。

 

数日待って手紙を書いてもらうか、それともホンジュラスを通ってエルサルバドルに行かないか、決断が迫られました!しかし、どっちにしてもホンジュラスは通らなくては、パナマまで行けないので結局、ホンジュラスに行くことに決めました。

 

ただ、ホンジュラスの国境までは時間がかかるので、もう一日国境近くの町、チキムラに泊まることにしました。

 

チキムラから、約1時間半でホンジュラスの国境です。

ホンジュラス基本データ

  • 首都:テグシガルパ
  • 通貨:レンピラ
  • 人口:809万人(2013年)
  • 公用語:スペイン語

 

 

まずは、グアテマラ側でクルマの登録をキャンセルし、その後イミグレで出国スタンプを押してもらいます。あちこちのサイトを調べると、特に手数料がかかるって話はないのですが、なぜか出国に一人10ケツァル取られました。

その後は、ホンジュラス側の手続きです。

イミグレはコパン遺跡のバスツアー客で結構列が出来ていて、並びましたが、難なく終わりました。

クルマの税関では、グアテマラでキャンセルしたクルマの登録証明とプラドの登録証書、日本の運転免許証とパスポートの顔が写っているページを3ページずつコピーして持ってこいとのこと。

どこでコピーできるのか聞いたら、日本でいう駄菓子屋さんのような店を指さし、あそこでできるぞと教えてもらい行ってきて、書類を提出し、今度はお金(585.71レンピア、日本円で約3300円)を隣の銀行で払い、またコピーして来いとさっきの駄菓子屋さんにコピーしに行き、クルマのチェックもほどほどに終わりました。

合計で2時間ぐらいですかね。大体、いつもそれくらい国境越えにはかかってます。

 

色々な人から、ホンジュラスは行政が腐敗しているなどと言われていたのですが、

本日、警察の検問3回、一方通行逆走で警察に注意されること一回と警察にお世話になりましたが、一度もそんな話はなかったです。

 

むしろ、いい人ばかりです(時間教えてくれたり)

 

そうそう、税関のオフィサーに、

 

「世界一デンジャラスな街は、サンペドロスラなんでしょ?」

 

と聞いてみても、

 

「あそこは、全然デンジャラスじゃないよ!むしろ、テグシガルパやニカラグアの方が危険だよ!」

 

と言ってましたし。だからと言って行きませんけどw

 

リアル北斗の拳の世界とまで言われている、ホンジュラス。ちょっと拍子抜けしちゃいました。

 

本日は、スペイン語で「ありがとう」を意味する

グラシアス

という町に一泊し、なるはやでニカラグアに向かう予定です!

虹とグラシアス

眺めのいい宿から見えた、虹とChika隊員。

 

本日のドライブコース

 

走行日誌

チキムラ→ホンジュラス国境→グラシアス:

トータル走行距離:21212km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。