本当に使えない!JAFの自動車カルネ!

出発前にJAFで500万近く払って、海外を走るために申請してきた

自動車カルネ

ですが、

海外の税関に対して

全く使えない書類

だということが、判明しました。

 

何が全く使えないかというと、カルネを申請した時に

世界一周で通る国のルートの提出もあるので、もちろん

 

右ハンドル禁止の国 (JETROホームページより)

 

に関してもアドバイスがあってもいいはず(というか右ハンドル禁止ならカルネ発行できないでしょ?)なのに、なーんも担当者から言われておらず、

 

実際にその国の税関にて、

「このクルマは、RHD(右ハンドル)だから入国はダメ!」

と言われる始末。

 

ですから、今回ルートを変更して、ニカラグアからペルー(カルネ対象国)へクルマを送る手はずでフォワーダー(船便の代理業者)に動いてもらっていたのですが、

現地のエージェントがペルーの税関から、

「右ハンドル車はダメだね」

と言われたそうで、別の国を探すことになってしまいました。。。

 

日本のJAFに電話しても、

「JAFは右ハンドル車禁止国の情報を持ち合わせてないから」

の一点張り。

ここに

「その国に登録する必要はなく日本登録のままで外国を走行することができます」

と書いてあるんですけどね!!

 

いやー、ホント500万近く払っていて、この対応ですからね。

日本に帰って担保金を返してもらったら、絶対JAFの会員やめますよ

 

ペルーの大使館も、コスタリカの大使館もニカラグアの大使館も

何の対応もしてくれず、まったく使えない職員ばかり。

 

同じく、右ハンドル車を提供しているイギリスのランドローバー社は、大使館経由で

すぐに手紙書いてくれたりして、動いてくれたのに!

 

ということで、一週間以上経ちましたが、未だ解決策なし。

 

あと、一週間何も動きがなければ、今後の旅のルートを考え直して、直接ヨーロッパに飛ぶかもしれません。

それか、ニカラグアで起業でもするかな(笑)

 

6 thoughts on “本当に使えない!JAFの自動車カルネ!

  1. sika

    見てます。右ハンドル、苦戦してますね。メキシコあたりからが読んでいて面白いです。ぜひとも南アメリカへの道を探し出して入ってください!

    1. masa Post author

      sikaさん、ありがとうございます!なんとか、南米に行きたいですね!引き続きよろしくお願いします。

  2. ponk

    masaさん、初めまして
    毎回楽しく拝見させていただいております。

    他の方のブログでは、2年程前に日本からの右ハンドル車をペルーもコスタリカも持ち込めているようですが法律が変わったのでしょうかね。。

    では、次回の更新も楽しみにしております!

    1. masa Post author

      ponkさん、コメントありがとうございます!そーなんですよね~伝説の女冒険家でさえそんな話聞いたことないってことだったのですが、ここ数年で法律が変わってきたらしく、税関もその対応を強いられている感じです。また、船便と陸送だと勝手が違うらしく、陸送だと販売目的じゃないことが明確ですが、船便だとそちらに関しても疑われたりするらしいので、厳しいみたいです。

  3. 匿名

    大使館は何でも屋じゃないし、JAFもめいわくだから抜けてあげな。人のせいにしてばかり。

    1. masa Post author

      匿名さん、こめんとありがとうございます!では、なんで日本国民は税金を払っているのでしょうか?大使館は何でも屋ではないかもしれませんが、必死に助ける努力をしないと国民は納得しませんよ、大使館の職員さん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。