無料で発行できる!車のパスポート

と言っても、実際には車にパスポートはありません。車両を海外に持ち出すには、いくつか方法がありまして、その中でも【道路交通に関する条約】に締結している国において、自動車やバイクを一時的(1年以内)に現地で使用するために必要なのが、登録証書と呼ばれるものなのです。

登録証書

陸運局で発行してもらうことができるのですが、登録証書交付手続きには以下のものが必要となります。

自動車検査証(車検証)

・渡航される方のパスポート

自動車損害賠償責任保険証明書

印鑑

期間が1年を超える場合は、【輸入末梢仮登録証明書】等の手続きを行い、通常の輸出手続きになるようですが、1年以内の利用目的なら無料で発行できる登録証書を発行してもらいましょう!ただし、実際に陸運局に行くと登録証明書とか現在登録証書とか紛らわしい名前の申請書類が沢山あるので、必ず相談窓口に一番最初に行って相談しましょう実際、私達も間違えましたからw

相談窓口の親切なお姉さまに渡された提出書類を二枚書いて、待つこと15分。Kobayashiのhが抜けていて一度作り直してもらいましたが、無事完成。こちらでカルネの申請ができるようになりました。

おそらく、ここに書かれている登録番号が国際ナンバーになるのでしょうが、KNYってダイゴ的な感じですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。