楽天カード、海外キャッシングの甘い罠!

ボリビア・ウユニの町で、カードを抜き取らずにATMを去ってしまったために紛失してしまったCitibankのキャッシュカード

以後の海外キャッシュ(現地通貨)をどうやって調達するか悩んだ末、

楽天カードからのキャッシング(借金)で残り半年を乗り切ることにしたのですが、

そもそも

「なんで、金持っているのにわざわざ借金しないといけないのか?」

と疑心暗鬼のまま使ってみたら、

その不安が見事的中してしまいました。。。

 

普通、海外でキャッシュが必要な場合は、バスやタクシー等の交通機関や現金払いの現地の食費や宿代、

そんな少額なものが多いかと思いますが、我々探検隊はクルマをコンテナで運んでいるため、

数十万円という単位でお金を支払うことが出てきます。

しかし、どこのATMも一日のおろせる金額はだいたい5、600ドル前後と決まっていて、

おろす度に手数料も引かれます。

ですから、数十万円(今回は2000ドル近く)おろすのには、少なくても4日間かかりますし、

手数料も4回分きっちり取られるわけです。

 

しかも、今回からキャッシングでおろしているので、借金の利息もかかってきます。

ぶっちゃけた話、米ドル家が買える程持っているんですよ。某銀行には。

なのに、使えない。。。おろせない。

なんなのですかねー、銀行って。

 

そんな愚痴もさておき、話は楽天カードに戻ります。

楽天カードで海外キャッシングすると、何故か借金の返済が強制的に

リボ払い

にさせられます。

 

キャッシングとかリボ払いとか、カードが嫌いだったため、楽天の子会社副社長時代でもカードを作るのを頑なに拒んでたMasa隊長。

しかし、27歳の時に

「まぁそろそろ大人だし、ゴールドカード位作ろうよ」

と思って、作ろうとしたら審査に落ちた経験(←副社長なのにw)があり、

そのトラウマ?もあってか

「絶対カードでの借金なんか死んでもするかー!!!」

と思っていたのでキャッシングとかリボ払いとか良く意味も分からないものは使ったことがなかったのです。

 

楽天カードのキャッシングの場合、

年率18%の利息

と書いてありました。

ということは、100万円借りたら

1年後に118万円で返せってことです。よね?

それをリボ払いで月1万円ずつ返したら、10年以上かかるってことじゃん!

 

あくどい商売してるな、楽天!

 

しかも、リボ払いの初期設定は5000円って。

こういうの知識を持ってないとすぐに借金まみれになる人多そう。。。

 

というわけで、色々調べてみたら電話でオペレーターに電話して繰り上げ返済する方法がある

ってことが某サイトに書いてあったので、早速その方法を試してみました。

楽天カードの問い合わせ先は、

(+81)092-474-6287 ※海外からは最初の0をとってね。

もしくは

(+81)0570-66-6910 ※海外からは最初の0をとってね。

に電話をして、カード番号と生年月日を入力して、オペレーターに繋いで返済額を聞き、

指定口座に振り込めばオーケー。

 

ただね、こんなのWEBでちゃっちゃと返済できるようにしてくれよ!

インターネットの草分け的な会社が、電話通してやる方法しかないなんて、あくどいったらありゃしない!

 

結局、海外キャッシングで現地通貨の現金を引き出すと、

 

  • ATMの手数料
  • キャッシングの利率
  • (繰り上げ返済の場合)振り込み時の銀行手数料

 

と馬鹿みたいに手数料が取られます。あと、海外から電話したらその通話代とかもバカになりません!

 

みなさんも海外キャッシングには気を付けてくださいね!海外キャッシュカードを使う方が身の為です。

※特に1年かけて世界一周している人で帰ってから支払う人は気をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。