世界遺産、チャンチャン遺跡にやってきた!

小学校の時の友達で、「イセダミノル君」という仲良しの友達がいたのですが、

彼は彼のお母さんから

「くんちゃん」

と呼ばれていて、私も彼の事を「くんちゃん」

と呼んでいました。

ここで、なぜイセダミノルという名前なのに「くんちゃん」なのか、疑問を持ちますよね?

 

そう、彼のお母さんは、最初は

「ミノル君」

と呼んでいたそうです。それが何故か先頭の「ミノル」が取れて、「君」。

「君君」だと呼びにくいので、「ちゃん」をつけて、「くんちゃん」になったそうな。

 

私もChika隊員の事を以前は、

「ちかちゃん」

と呼んでいたのですが、

この方程式により、先頭の「ちか」が取れて、「ちゃん」、

「チャンチャン」もしくは、「チャンさん」と呼ぶようになりました(笑)

 

まぁ、そんなこともあり、このチャンチャン遺跡には何か親しみを感じていたのと、

世界遺産ということもあり、調べてみると

インカ帝国が滅ぼす前の文明、

チムー王国(850年~1470年)の首都だった遺跡だそうです。(インカ帝国時代の首都はクスコ)

ただ、前回のトゥクメ遺跡同様のアドベ作り(日干し煉瓦)の為に現在では泥だらけの町並になってしまっており、ほとんどが後に修復したそうです。

チャンチャン遺跡

ちなみに、チャンチャンとは

「輝ける太陽」

という意味だそうで、これから私もChika隊員の事を、

「輝ける太陽のような女性」

という意味を込めて、

「チャンチャン」

と呼びたいと思います(笑)

輝ける太陽

輝ける王様の元でw

 

本日のドライブコース

 

走行日誌

チクラヨ→チャンチャン遺跡→トルヒーヨ:213km

南米トータル走行距離:1043km

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。