超絶景!世界遺産ペリト・モレノ氷河に登ってきた!

当初、世界最南端の町ウシュアイアまでチリ経由で到達し、V字でアルゼンチンに入り北上して進む予定でしたが、チリの

右ハンドル輸入車禁止

が濃厚になり、アルゼンチンをつき進むことにした探検隊。

しかし、パタゴニア地方までは到達したものの、ウシュアイアまでは遥かに遠く、その手前にある世界遺産、ペリト・モレノ氷河でさえ、現在いるバリローチェからクルマで17時間の道程で、少なく見積もっても行って戻ってくるだけでも一週間かかることが判明しました。

ニカラグアエクアドルでコンテナ輸送の為に二か月も使ってしまった為に、タダでさえ時間がない状況に陥っているので、今回はどうしても行きたかったペリト・モレノ氷河のある、エル・カラファテまで人類が生み出した文明の利器である飛行機を使って、17時間の道程を1時間40分に短縮して行くことにしました。

昔から、

若いうちの苦労は買ってでもしろ

といいますが、私の場合、既に人生半分過ぎていますし、今回だけは多めに見てくださいな。

さて、エル・カラファテに着くと、見たこともない青の湖が現れます。

青の湖

世界の果ては、こんなにも美しい景色で埋め尽くされています。

まずは、到着後、ツアーの予約をしていなかったので、空港内にあるラストミニッツで一人1500ペソ(日本円で11500円位)のミニトレッキングツアーに参加することにしました。

翌日、9時に迎えに来るバスが30分遅れでホテルに到着し、いよいよ出発です!

ペリト・モレノ氷河が観れるロス・グラシアレス公園は入場するのにツアー代金とは別に一人260ペソ(日本円で2000円)が必要です。

ちなみに学生だとたった30ペソで入場が出来ます。やっぱり、世界を旅するなら学生のうちがいいですね!私も大学時代に貧乏旅行で世界を巡ってみたかった!!

残念なことに、ツアー前日に公園内のレストランが火事になるという事件があったせいで、少し遠回りして氷河を観に行くことに。

しかしながら、色々な世界遺産を観てきましたが、ここまで凄いのは初めてかもしれません。

ペリト・モレノ氷河

湖面から約60mの高さのある氷の塊が、公園の展望台目がけて押し寄せている姿は、物凄く、時折銃声のような音が

「バリーーーーーーーーーーン!!!」

と聴こえると、氷河が崩れ落ちていきます。

自然の驚異を感じると共に、それを見世物にしてしまう人間のしたたかさも感じました。温暖化で氷河が溶けて無くなっているという話がちらほら聞こえてきますが、ここの製氷機はこの夏も毎日2mずつ氷を大量に作っているそうな。

公園内の散策が終わると、次はいよいよ船に乗って氷河の上をトレッキングします。

氷河の上

トレッキングには、靴の底にアイゼンを付けてもらってから、氷の上を歩きます。

アイゼン自体もかなり重さがありますが、そのおかげで氷上を不思議なくらいに滑らないで歩くことが出来ます。

氷河は硬い氷の一枚板を想像していましたが、実際は冷蔵庫で作る氷よりも小さな氷が集まってできた集合体で、踏むと「ザクザク」と音を立てます。

最後は、氷河の氷で飲むウイスキーを楽しめます。

氷河のウイスキー

普段、全くお酒を飲まない(飲めない?)探検隊もこの時ばかりはたしなみました。

いやー、本当にぜひおススメしたい体験でしたね。

 

今回泊まったホテルもぜひおススメしたいホテル。

Patagonia Queen Hotel Boutique

ここの韓国系アルゼンチン人のラファエルという人がかなりいい人。設備や朝食、シャワーの出などどれを取ってもいいホテルで、Booking.comの評価も

9.4

とメチャメチャ高いスコアなのですが、

やっぱり、人間が最も重要だということがわかりますよ。

彼は、ブエノスアイレス出身で、なぜこっちに来たのか理由を聞いてみると、このように言ってました。

「今まで行ったところで一番良かったから家族で引っ越してきた。ブエノスアイレスのような都会だと大勢の中の一人に過ぎないが、ここだとラファエルという個人としてみてくれる。子供たちにとってもそう。都会だと大勢の中の二人に過ぎないが、ここだと〇〇と〇〇(〇は子供の名前)として認めてくれる」

私も12年前に留学していたオーストラリア・マンリーにいた時もこれに近い感覚だった。どこにいても

「Masa!」

って声をかけてくれる人がいて、みんな私の事を知っている。

特に都会育ちだと、余計この心地よさを身に染みて感じます。

 

エル・カラファテペリト・モレノ氷河

日本から1万7000キロ離れた、南極にほど近い世界の果てには素晴らしい景色と人々が待ってますよ。

 

いつもブログの閲覧&クリックして頂きましてありがとうございます!お陰様で、現在50~60位を推移中です。ですが、あと少しで、1ページ目に突入できちゃいます!!!クリックして順位が上がる仕組みですので、大変お手数ですが一日一回クリックの程、よろしくお願いいたします。


世界一周ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。