旅道具|世界一周するためのバッグ

まず、第一前提として車で世界一周をするということで、車に荷物を積んだ状態で船を出港できると思っていたのですが、それが大間違い。

一時的にしろ、輸入品扱いなので、車は単体でしか輸出できないのです。ですから、車に全部荷物を積んで手ぶらで飛行機に乗ることなんてできないのです(涙)

※追記:自動車専用船の場合は荷物を積むことができないですが、コンテナ船の場合は荷物を積んでいけます。

そういうルールなので、まずは荷物を持っていく為の大きなバッグが必要です。 いつもの海外旅行で利用するのはリモワのスーツケース。 価格はチョイとばかし高いですが、5年間の無償修理がついてくるので保険代と考えればトントンかな。実際には修理したことはありませんが、スーツケースは壊れやすいのでここが売れているポイントかもしれません。

それと、いざという時の車中泊用にキャンプ道具を持っていくので、寝袋(シュラフ)やその下に敷くマット等を入れるバッグが必要です。基本的に壊れ物は入れないので、リモワのようなハードスーツケースである必要はありません。そこで、アウトドアメーカーで売っているホイール付きのバッグを探してみたところ、近所のモンベルにいいのがありました!

他社でも似たようなものがありますが高いので、一番安くてしかも信頼のある日本メーカーなのでこちらに決定です。100リッターの容量も魅力的ですし、飽きの来ないシンプルなデザインもお気に入りです。ということで、空港への預け入れバッグはこの二つになりました。

航空会社は、今回利用するエアカナダの受託手荷物計算だと手荷物1個あたりの最大重量は23キロだそうなので、併せて46キロまで持ち込めます。23キロ以上の超過は100カナダドルの超過料金を払わないといけないので、なるべく収めるようにしたいですね。

ということで、どこでも手荷物を測れるラゲッジチェッカーも購入しました!

カメラバッグ等の紹介はまた後ほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。