ドライビングアラウンドイベリア半島!

前日まで何にも決めてなく、今後のスケジュールをどうしようかいくつか案を考えていました。

一つは、列車を使って、マドリードに行く案。

もう一つは、バスでセビーリャ(セビリア)に行く案。

最後は、列車とバスを使って旅する案。

しかし!

我々探検隊は、レンタカーを一週間借りて、再びリスボンに戻り、その後飛行機でランドクルーザープラドの受け渡し場所であるバルセロナまで飛ぶという暴挙に出た。

なぜなら、この方法がもっとも小林探検隊らしく、一番安くて思いっきり自由の効く旅プランだからだ!

格安航空券検索アプリ、Skyscannerでリスボン→バルセロナ間を検索すると、2人で3万円弱でチケットが手に入る。しかも、レンタカーに至っては一日2000円台と一週間借りて、保険をつけても2万円程度で借りることが出来る。

これで、ポルトガルとスペインの行きたい候補を網羅することが出来そうだ。

ということで、レンタカーを何にしようか考えていると、プラド以前に乗っていたマセラティはもちろんレンタカーにあるわけないのですが、その前に乗っていたフィアット500Cはかなりお気に入りのクルマだったし、慣れているので、こいつでイベリア半島を走ろうと予約してみました。

500C

しかし、しかーし!

レンタカー屋、Europcarで渡された鍵はなんと、日本では既に販売終了してしまった幻のドイツ車オペル。のアストロ。
opel

話がちがうじゃないかー!と思いつつも、激安でレンタカーを借りてしまっているので文句も言えず、乗ることにしました。

言い忘れましたが、日本はAT限定とかとてーもくだらない免許証があったりしますが、ここヨーロッパは、というよりもアメリカを除くほとんどのレンタカーは、

MT(マニュアル)ですからね!

AT限定とか、持っている人でヨーロッパ大陸をレンタカーで走りたいっ!なんて思っていても出来ませんからっ!(もちろんお金を出せば、ATもありますが、一日2000円台では借りれません)今から免許証を取ろうと思っている、アナタ!絶対、MTを取りましょうね!

ということで、出発から3時間弱で、ポルトガルを後にして、16か国目スペインにやってきました!

 

スペイン基本情報

首都:マドリード

通貨:ユーロ

人口:4677万人(2014年)

公用語:スペイン語

※ポルトガルより一時間時差があります。

 

ヨーロッパを走ったことがある方は、ご存知かもしれませんが、

道路を走っていると、国境もなくいつの間にかに国境越えしてます!

だから、アメリカ大陸で散々苦労してきた、国境越えの作業が全く要らなくなるのです!

素晴らしいですね!!ロシア以外は、もうクリアしたようなものですよ。

今日から二日間はセビーリャにステイ。

ただ、今日を含めて一週間雨予報なので、運転には気をつけたいところです。

opel2

ちなみに、最高級で知られるイベリコ豚は、ここイベリア半島の豚という意味なのですが、イベリア半島にいる豚全部がイベリコ豚ではないですし、ドングリを食べて育った豚だからと言って、最高級のイベリコ豚であるベジョータ(スペイン語でドングリの意味)というわけでもないらしい。ややこしいですね~

本日のドライブコース

走行距離:463km

いつも(拙い)ブログの閲覧&クリックして頂きまして、本当にありがとうございます!

ユーラシア大陸編、ドライブ(仮)スタートしました!!!

お忙しいところ恐れ入りますが、応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。