バルセロナ世界遺産特集!

バルセロナに来てから、早くも5日経ちました!

天候にも恵まれ、一週間前に続いた雨が嘘のように晴れ渡り、気温も20度前後と過ごしやすい!「これが、スペインの良さかっ」と身に染みて感じております。

さて、友達に「バルセロナにいるよっ」と連絡すると必ずと言っていいほど、

サッカーの話題になるのですが、私自身サッカー等球技に興味がないので(笑)、

バルセロナ=オリンピック or 世界遺産

のイメージしかありません。

スペインには世界遺産が44か所もあるのですが、(2016年時点)その中でもバルセロナは

・アントニ・ガウディの作品群

・カタルーニャ音楽堂

・サン・パウ病院

と3つもあります。

 

その中でも一番人気であるガウディ作品群ですが、どこに入るのも有料です。

しかも、世界各国から観光客(中国人が多いですが)が集まってて、行列をなしています!

そんな行列いやだ!効率的に回りたい!というあなたの為に、サグラダ・ファミリアの予約ページを見つけましたので、こちらからチケットを事前に購入することが出来ますので是非活用してみて下さい。

サグラダファミリアの予約ページ(英語)

VISAなどのクレジットカードで購入することが出来て、登録したメールアドレスにQRコード入りのチケットのPDFが送られてきます。

それをスマホで見せれば、OK。

ニューヨークでエンパイアステートビルに入るときは、プリントアウトしないとダメだと言われましたが、スペインの方が進んでますね(笑)

入場料だけは、大人一人15ユーロです。オーディオガイド付きやエレベーターで塔に登れるチケットなどもありましたが、探検隊は入場チケットだけにしました。

中に入ると、なんという美しさでしょう。Chika隊員が、「今まで見た建築物の中で一番感動した!」と言っている位ですから、相当なものです。

サグラダファミリア内部

天井を撮っただけで、この美しさです。

サグラダファミリア内部2

ステンドクラスはいろんな色が合わさって、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

夜は、5月だと21:30からライトアップがありますので、それまでタイムラプス映像を撮ってみましたので、ご覧ください。

外観も素晴らしい美しさですが、やっぱ内部が「ムイボニート」ですから、ぜひ15ユーロ払って行ってみくださいね。

サグラダファミリアから約10分ほど坂道を上ると、二つ目の世界遺産、

サン・パウ病院

があります。

サンパウ

カタルーニャ音楽堂と同じ建築家である、リュイス・ドメネク・イ・ムンタネーの作品。2009年まで診療していたらしいです。最近亡くなってしまったザハ氏といい、スペインは建築家が多い街なのかね?

サン・パウ病院からさらに北へ30分ほど歩くと、ガウディのパトロンだったグエル氏の名前が付いた、グエル公園があります。

グエル公園も以前は無料だったのですが、現在は有料チケットを購入しなければいけないので、こちらから予約購入してくださいね。

グエル公園の予約ページ(英語)

神戸にお住まいの方、神戸に行ったことのある方はご存知かもしれませんが、

グエル公園から地中海を観る景色は、まるで

布引ハーブ園

のようです(笑)

バルセロナ

あと他のガウディ作品は、

カサ・ミラ

カサミラ

カサ・バトリョがありますが、いずれも徒歩圏内で行くことが出来ます。

カサ・バトリョ

こういう世界最大の観光都市を観ると、今後、観光都市化を推し進める日本の現状が危ぶまれます。国立競技場も亡くなったザハ氏ではなく、日本人の建築家にするべきで、黒川 紀章のような著名な建築家を育てて建築物を作ることも重要なのだと思いました。

もちろん、ガウディ同様、パトロンが必要だと思いますが、私がいたIT業界には金持っている人沢山いますし、クラウドファウンディングで集めてもいいですしね。

タックスヘイブンに一生かけても使えないほどのお金を流して税金対策するのではなく、人材を育てることに使って行かないと、明日の日本はありませんよ!!
いつも(拙い)ブログの閲覧&クリックして頂きまして、本当にありがとうございます!

お忙しいところ恐れ入りますが、応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。