世界遺産!古代ローマ時代から続く城塞都市、カルカッソンヌにやってきた!

フランスには、こんな言葉があるそうです。

「カルカッソンヌを見ずして死ぬな!」

と。

カルカッソンヌとは、

世界的にヒットしたボードゲームにもなっているぐらい有名な城塞都市であり世界遺産でもある場所です。

 

実のところMasa隊長は、フランスに入国してからなぜかのどの調子が悪く、せき込んでいます。ルルドで汲んできた「奇跡の水」に期待をかけたのですが、ゴクゴク飲んでもなかなか治らず。

 

「このまま42歳という若さで、旅の途中で息絶えてしまうのかっ!」

ということで、

死ぬ前にカルカッソンヌを見に来たのであります(笑)Chika隊員

カルカッソンヌは、古代ローマ時代から2500年もの歴史のがあります。

入り口は、こんな感じ。Chika隊員といつものユニクロダウン。

 

シャトー

中に入ると、モンサンミシェルのような少し上り坂の狭い歩道に店が連なっています。この辺りはどこも大体似たり寄ったりです。中央に行くとシャトー(お城)があり、8.5ユーロ払うと入ることが出来ます。

シャトーから覗くと、見えにくいかもしれませんが、奥にはスペインから越えてきた雪を被ったピレネー山脈が連なっています。

城塞都市と呼ばれるぐらいなので、敵の侵入を防ぐ為の仕掛けとか、色々とあったりしますが、この地は、

ゴート族

サラセン人

フランク族

トランカヴェル王朝

と色々な民族に支配され、受け継がれてきた地なのであります。

こういう歴史的な建築物を見ていると、戦争に勝つ為に人は新しい武器や道具、建築物を開発してきたんだなぁとしみじみ感じます。

日本は(今は)平和な国ですが、結局『キングダム』とか戦う漫画が流行っている理由も読んで戦争の代替しているだけだもんなとも思ったりします。

今回も面白かった!(笑)

 

あと、経済。

あたらしい戦争のカタチですもんね。価格戦争や商売敵なんて言葉があるぐらい。

平和のように見えて、どこかしらで闘いは常にあるものです。

アタナは今、何と闘っていますか?

いつも(拙い文章の)ブログの閲覧&クリックして頂きまして、本当にありがとうございます!

フランスに入った瞬間、のど風邪をひいてしまいました(涙)

お忙しいところ恐れ入りますが、応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

二日間のドライブコース

ユーラシア大陸横断合計走行距離:884km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。