水の都!ヴェネツィアにやってきた!

ヴェネツィア(ベネチア=ベニス)は、隊長が大好きな映画

007 カジノロワイヤル

の最後のパートに出てくる水上都市。

どこを見まわしても映画の撮影が出来ちゃうほどのロマンチックな雰囲気が漂っていますが、ここ最近はごみ問題や地盤沈下による水害など多くの問題を抱える都市でもあります。

サンマルコ広場

このサンマルコ広場、綺麗ですね~ってウユニ塩湖のように鏡張りになっていますが、これは下から海水があふれているわけで、温暖化や地盤沈下により数十年先には沈没する可能性もありますよね。

元々湿地帯だったこの地ですが、実は昔、東京もかなりの湿地帯だったそうです。

その地を埋め立立てて今の東京にしたのが徳川幕府です。ですから、東京にも日本橋とか運河が残っていますよね?東京も水上都市だったら、もっとロマンティックだったかもしれませんね。

ゴンドラ

ヴェネツィアはゴンドラが有名ですが、30分で80ユーロ(日本円で約1万円)もしますので、探検隊は却下。

その代わり、バスとトラムと水上バスが24時間使えるチケットを20ユーロで購入し、足代わりに使っていました。これが、スイカやパスモのように乗る前に「ピッ」とあてがうだけなので、非常に便利です。これを使って、お隣にあるベネチアンガラスで有名なムラーノ島にも行ってきました。

ヴェネツィアンガラス

工場見学もできますし、ガラス屋さんが沢山ありますが、実は本島の方が種類も豊富で安かったりしますので、一通り見てから購入するようにしましょうね。

ヴェネツィア

いつも(拙い文章の)ブログの閲覧&クリックして頂きまして、本当にありがとうございます!

明日、水の都ベネチアを出発し、イタリア最後の目的地へ!!

皆様、お忙しいところ恐れ入りますが、応援クリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。