狂王の夢の城?ノイシュヴァンシュタイン城にやってきた!

むかーし、むかし。今から200年以上前に
「バイエルン」という国を統治していた王様がいたそうな。

かれは、中世きし道におおきな憧れを抱き、国民からたがくの借金をして
自身の「夢のぐげんか」をするために、
大きなお城を作りました。
しかし、たがくの借金にきき感を募らせた、バイエルン政府は、
彼をせいしん病と判断し、
統治ふかのうとしてなん禁しました。
かれは、その翌日に湖で死体となって発見されたとさ。
おしまい。

ディズニーランドのお城のモデルとしても、白鳥城としても名高い、

ノイシュヴァンシュタイン城

そのお城は、一人の孤独なオタクな王様が、自分の趣味の為だけに作ったというから

なんとも凄いお話です。

 

ただ、この話現代に置き換えてみると、

舛添(元)知事

とそっくりではありませんか?

権力をもつ→税金で贅沢をする→国民から不支持され失脚する

昔も今も権力を持った人間は、同じ行動をとるようです。歴史から何も学んでいませんね。

ウルグアイのムヒカ元大統領を除いては。

 

 

さて今回、白鳥城を訪れてみて残念なことがありました。

一つは、城内の撮影禁止ですが、もう一つは

マリエン橋の工事

です。

マリエン橋とは、よく絵葉書とかで写っているノイシュバンシュタイン城の

絶景撮影ポイント

だったのです(涙)

だから、正面からの写真や

ノイシュヴァンシュタイン城

ホテル側からの写真

ホテルミュラー

は撮れたものの、俯瞰した写真が撮れない。。。

そこで、小林探検隊、ユーラシア大陸横断編の秘密兵器!!ドローンの登場です!

しかーし!また、そこには落とし穴がっ!

Bebop2_20160623112900+0200

電波が届かない(涙)

専用コントローラーだと、2km位届くらしいのですが

荷物になるのでiPhoneのWiFi接続を利用して操作しています。その為、最大300mしか届かない。。。

しかも付属カメラが広角過ぎて、どれがお城なのかわからない(写真の真ん中にありますw)

 

まぁ、素人がやるとこんなものですよっ。

 

本日は、ミュンヘン近郊のカントリーサイドに泊まって、

明日からはオーストリア入国予定です!
いつも(拙い文章の)ブログの閲覧&クリックして頂きまして、本当にありがとうございます!

お陰様で、34位までランキングアップしてました!もうすぐベスト30にランクインします!

ぜひぜひ応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログ

ユーラシア大陸横断合計走行距離:8014km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。