トロッコに乗って、竜の住む洞窟へ!スロベニアにやってきた!

iPad紛失事件も束の間、オーストリア国境を越えて、
27か国目、スロベニアにやってきました!

スロベニア基本情報

首都:リュブリャナ

通貨:ユーロ

人口:206万人(2013年)

公用語:スロベニア語

 

スロベニアの高速道路もオーストリア同様、ヴィニエッタ と呼ばれるステッカー型の高速道路代が必要です。

こちらのは少々お高くて、1週間で15ユーロです。

 

最初の目的地は、

「アルプスの瞳」

と称される、ブレッド湖

この湖には真ん中に島があり、その島に教会が建っているという

とってもファンタジーな場所。

しかもその場所には手漕ぎのボートでしか行けず、その教会では毎週のように結婚式が行われているというとってもロマンチックな場所でもあります。

しかしながら、スロベニアも相変わらずの天気予報。

ブラッド湖スクエア

というよりも、

駐車場がなーい!!一日10.5ユーロってのだけ。

なので、ちょっとだけ停めてパチリ撮って退散。二泊泊まることにした首都リュブリャナにあるAirbへ。

二日目は、ポストイナ鍾乳洞洞窟城を観に。ステイ先からはクルマで40分ほどの距離にありました。

ポストイナ鍾乳洞は、ネット情報だと写真撮影不可と書いている人がほとんどだったので、期待してなかったのですが、実際は、フラッシュ撮影と三脚が不可です。後は、洞窟内の生物を撮るのもダメです。

入場料が結構高くて、ポストイナ鍾乳石と洞窟城セットで一人31.9ユーロ。+日本語ガイドが3ユーロと駐車場が4ユーロかかります。

ポストイナ鍾乳洞

入り口はこんな感じ。ホテルやレストラン、お土産屋さんが並び、観光スポットとしてかなり人気があるのがわかります。

まずは、インディージョーンズでお馴染みの高速トロッコで鍾乳洞の奥深くに行きます。これが最高に楽しい!!!

その様子は動画でちょっとだけ、どうぞ。

鍾乳洞の奥深くに着いてしばらく歩くと、第一次世界大戦中にロシア捕虜たちが作ったロシア橋があり、その下にはその昔、竜が眠っているという伝説?があるそうです。

ロシア橋

その竜を退治しようと、村に住む少年は、羊の内臓を取り出して石灰を入れて竜に差し出したそうです。それを竜が食べた後、大量の水を飲み、化学反応を起こして竜は爆発しちゃったんだとさ。

その竜の分身?(子供)と言われている生物が、

プロテウス・アンギヌス

と言われる、私隊長でさえ42年間生きてきて観たこともない生物です!!

 

写真がないので、是非検索してみて下さいね。

さて、お次は大雨が降る中、9キロ離れた洞窟城(プレッド城)へ

ここは、ヨーロッパで唯一の洞窟の城。

見事に洞窟と城が合体してます。

洞窟城

中はいたって普通のお城のようですが、途中から洞窟内に変化します。

洞窟城内部

こんなラスボスの住処のような城、絶対映画で使ってますよね?

やっぱり、ありました!

丁度30年前、ジャッキーチェンの『サンダーアーム 龍兄虎弟』で撮影されたそうです。

ジャッキーが死にかけた、映画なんですが、彼は本当に不死身なアジアのスーパースターです!そのせいか、やっぱり、アジアンな観光客も多く見られましたけどねw

小林探検隊的には、今回の鍾乳洞かなり楽しかったです!

でも、洞窟探検は今のところベリーズにあるATM洞窟が最高に面白かったかな?あれは危険すぎて、日本では絶対ダメだろうけどw
いつも(拙い文章の)ブログの閲覧&クリックして頂きまして、本当にありがとうございます!

27日に発売されたカーセンサーEDGEは、もう見て頂きました?小林探検隊は、世界一周するまで頑張りますから、応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログ

数日間のドライブコース

ユーラシア大陸横断合計走行距離:8717km

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。