ハンガリー人と裸の付き合い?セーチェーニ温泉に行ってきた!

Masa隊長は数年前から四十肩という、大人の病を発症し、たまに接骨院に通ったりしながら治す努力はしていたのですが、この旅の走行距離も50000kmを越えて、次第に肩に疲労がたまってきて痛みが復活してきてしまいました。

そこで、日本と同じ温泉大国、ハンガリーで温泉に行って肩を癒して来ようと

ブダペストでもっとも人気のある

セーチェーニ温泉

に行ってきました。

Szechenyi-Spa

この一見、美術館と見間違う建物がセーチェーニ温泉です。

ちなみにこちらは裏側。クルマで来ると、駐車場が全くなくて困りました。ハンガリーの駐車場は基本的に安いですが、公園で止めるとタダだったのでそちらに停めました。

料金は、キャビンと呼ばれる個室兼ロッカー付きで、5200フォリント(日本円で約1852円)と少々お高め?ですが、特に時間指定がないので一日中いれると考えると安いかも。

隊長は何かアクティビティにお金を使う時に必ず映画の料金を基準に物事を考えるようにしています。

日本だと、映画の料金が1800円なので、それを基準に考えると一時間あたり900円で高いか安いか判断しています。

宿泊先に関しても恵比寿に住んでいた頃は、駐車場込みで30万程かかっていたので、一日あたり1万円が高いか安いかの基準です。

ここハンガリーは、ホテルも安い!今回泊まったホテルも朝食込みで6000円ちょい位ですからね。ハンガリーの物価の安さは本当にありがたい。

さて、話が脱線しましたが、温泉と言いつつ中に入ると市民プールのような感じで老若男女が水着で温泉に使っています。しかも女子率高し!

hotspring

市民プールは三つあり、真ん中のプールは水泳帽をしないと入れません。

右側の建物内には、日本でお馴染みの(ような)温泉がありますが、どれも温度は低めです。一番高い温度で、38度だったかな?そこでしばらく肩を癒していました。

あとはミストサウナとか普通のサウナとか水風呂とか。

日本でいえば、箱根小涌園ユネッサンみたいな感じと言えばおわかりでしょうか?

 

ハンガリー人と裸の付き合いはできますが、やっぱり日本人(平たい顔族)はテルマエより日本の温泉が一番ですよ!日本最高!!

ただ、フィンランドとかドイツはサウナが男女混浴で、みんな本当に裸だという話を聞いているので、そちらも体験してこないとな(笑)

 

いつも(拙い文章の)ブログの閲覧&クリックして頂きまして、本当にありがとうございます!

温泉使って、少しは肩も楽になったかな?

今日も応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
世界一周ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。