大洗→苫小牧、北海道フェリー|NEWさんふらわあふらののご紹介

今回、北海道にプラドを持ち込んで約11日間ほど北海道ドライブを満喫してきたわけですが、ぜひ皆様にも体験してほしいと思いまして、首都圏から北海道に行ったフェリーを紹介してみたいと思います。
<2017年9月12日更新>

大洗港→苫小牧:NEWさんふらわあふらの

商船三井フェリーが提供しているフェリーです。私たちはこのフェリーを使って北海道に行きました。

茨城県大洗港を19:45に出発し、翌日の13:30に苫小牧に到着します。
クルマを乗船させるのは、2時間前ぐらいになります。それまではフェリー前の車の列に順番に停めていきます。乗船券の発行手続き等、ウェブ上で完結していれば発行されるQRコードをかざすだけでチケットが発行されますが、私たちの場合、妊婦がいた為か、窓口手続きとなりました。通常、窓口の手続きには車検証が必要となりますので、受付に行くにはクルマから取り出しておいた方が良いかもしれません。

フェリー前

運賃

運賃ですが、A~Dの期間によって値段が変わります。大洗出発の場合、7月28日~8月13日のD期間料金が一番高いです。

例えば、私たちの泊まったスーペリアオーシャンビュー(新造船のみ)の部屋ですと、

D期間:25,110円/一人

と結構高いです。ちなみに私たちはC期間でしたので21,510円/一人と若干お安めですが、二人で行けば43,020円/泊と高級ホテル並みの価格に跳ね上がります。

「雑魚寝でいいよ?もっと安いのない?」

という方には、ツーリスト8,740円~14,910円という料金で乗船することが出来ます。

 

これに乗用車運賃が別途かかります。

こちらは期間と5m未満か6m未満かによって異なるのですが、

5m未満:26,740円~31,890円

5m以上:31,890円~46,290円

とプラスされます。

ちなみに北海道ツーリングをしたい、バイカーの場合は、以下のような価格ですので、部屋を取らずに雑魚寝(ツーリスト部屋)するのでしたら、意外に安価で北海道ツーリングを楽しめます。

原チャリ:6,170円

400cc以下:11,310円

750cc以上:16,460円

 

それで私たちの場合、これらを足して、

82,920円

が運賃合計となりました。なかなかかかりますね。

船内の食事

苫小牧到着まで18時間もかかりますので、食事も楽しみの一つです。

しかしながら、船内だと食事は意外と高くて、夕食と朝食バイキングセットチケットが一人2,400円かかります。ウラジオストクから帰って来た際にに乗った、DBSフェリーよりはかなりましですが、美味しくない料理にお金をつぎ込みたくないですよね?

バイキング

乗船前に近くのコンビニで購入している方もいますので、食事に関してはご自身で判断すればよいと思います。

展望浴場

フェリー内には男女別に展望浴場があり、海を見ながらお風呂に入れます。海を見ながらお風呂に入れる場所は多いとは思いますが、海を走りながら入るお風呂は格別です。

出船直後の夜だと外の景色は全く見えませんし、バイカーの人が沢山入るので、朝一で入ることをおススメします!!ちなみにサウナもついているのですが、こちらも海を見ながら入れます。

船旅は18時間もありますので、楽しい時間をお過ごしください。

フェリーの予約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。